Uppriktig

◆ The road runs straight to the sky ◆
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
TRAVEL
comical
My blog& homepage
MUSIC
DIVING
LINK
other
格安ホテル予約
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
曇りのち快晴 そして ありがとう
ここの所天気は悪いけど、心は快晴。
何が変った訳でも無いんだけど、雨の日でも、
曇りの日でも、心の中に広がっていた雲が、
風に流されて、どこかに消えた感覚。

たぶん、一つ、変ったとしたら、
自分の心が揺れ動かなくなった事かな。
周りの意見に振り回されて、ふらふら気味の夏だった。
色々な出来事が起きた時、冷静に自分の目で確かめて、
自分が決断をして、前に進むしかないって事・・

解ってはいたけど。

自分をもっと信じてあげる事、とっても大切な事に気がつかされる。
自分が歩いて行く道のりはまだまだ長い。目先の出来事に、
一喜一憂をして、浅はかな人生だけは送りたくない。
そんな答えが見つかった。何に焦り、何に追われていたんだろう。

ふと、冷静になった時、まだ、時間はあるんだなって。
人によって走る、歩く速度は違う様に、時間に刻まれる思い出や、
人との出逢いが違う様に、自分が歩む道は、
自分のペースで、確実な一歩を
歩いて行こうと思えた。

生まれて来る確立70兆分の1。
奇跡的な確率で生まれて来た存在は、
たった一つの存在。その事を考えた時、
大切な時間は、価値的に使い切ろうと思えた。

客観的に自分を冷静に見つめた時、
色々な心の側面が見えた。冷やっとしたり、
こんな部分があったんだ〜何て思ったり。
人の縁で、色々な心の部分が見えた時、人はやっぱり多面体。
心は、いくつものチャンネルを持ちあわせてる。
色々な出来事で、心は変化をするけど、どんな時でも
漣の様な緩やかな曲線の描ける心でありたい。

心状態を言葉にすると、やんわり、ゆらり、ふわふわと。
今の私。

時間と共に、多くの人と出逢えた事に感謝。
そして、年齢を重ねても、クソババ〜♪といわれない様に
傲慢でなく、謙虚な心で、聡明な生き方をしたいと・・
決意をする秋。

PS T氏・元気に頑張っています。長い間、沢山の心配をかけました。
  もしかすると、もう、お話をする事が無いかもしれませんが、
  何時か、大御所と言われる様な大ヒット番組をつくって下さいね。
  期待してます。
| TENDERNESS | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:29 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mariannatokyo.jugem.cc/trackback/136
トラックバック